年齢を重ねてから行うべきお口のケア方法とは

お年を召した方々のお口のケアについて

今からでも遅くはない!年齢が上の方々のお口のケアについて

お口のケアの定義

そもそもお口のケアとはどういうことを指しているのでしょうか。

簡単に言いますと、私たちが毎日行っている歯磨きも立派なお口のケアになっています。
歯磨きをするとお口の中がきれいになりますよね。
ですが、そういうことだけではないのです。

どんなことが入っているのかと例を挙げていきますと、健康保持や口腔機能向上のリハビリなどがあります。
これらなどを含んでいるのが、歯はもちろん歯茎や舌や粘膜、さらには入れ歯も含む口の中にあるものの清掃、口腔内や口周りのマッサージ、そして咀嚼のトレーニングなどがあります。
もししたいけどなにをしていいのかわからなければ、とりあえず最初はこれらのことを一通り行ってみてはいかがでしょうか。

行っていくポイント

では、そんなお口のケアを行っていくにあたってなにかポイントとはあるのでしょうか。

まず第一に、口の中は乾燥しやすくなっているのでなるべく早めに済ませるようにしておきましょう。
もっときれいにしようと思って長時間しようとしている方もいらっしゃるでしょうが、それは逆効果なのでやめておくのがいいでしょう。

また、意外かもしれませんがお口のケアの最中に口の中を傷つけてしまうという事例も存在してます。
そうならないように、安全で無理のない姿勢で行うようにしておきましょう。
事故やケガだけはなるべく避けたいものです。

そして、一連の作業が終わったら汚れが残っていないかや虫歯や出血や口臭はないかなどの口の健康状態をきちんとチェックしておきましょう。